ピンクコンパニオン旅行
ピンクコンパニオン宴会の予約や手配のことなら
全てお任せ下さい

石和VS熱海のピンクコンパニオン徹底比較特集

イメージ画像
050-5540-8388
24時間受付・メールで簡単 ご予約・お問合せフォーム

石和温泉と、熱海温泉 行くならどっち?




ピンクコンパニオンと宴会にハマると、人気温泉地として耳に入る「熱海温泉」と「石和温泉」。行き先にどっちの温泉を選んだらいいのか!?迷われるお客様も多いはず。当社のクルーが徹底取材をしてきました!!
石和温泉と熱海温泉の徹底比較

人気どころによくあげられる石和温泉と、熱海温泉。どっちにしようか、初心者のお客様も迷われるはず。
現地に当社スタッフが出向いて真相を徹底取材して来ました!!

石和温泉のプランを詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!


熱海温泉のプランを詳しく知りたい方はこちらからどうぞ!


熱海と石和の対応旅館




熱海と石和のそれぞれで対応する旅館はどうなのか?
石和温泉の旅館

石和温泉の対応旅館数は全国トップクラス

石和温泉の旅館からの眺めは、笛吹市の光景と笛吹川などの光景。建物や田んぼ、山と川と言った風景が楽しめます。


熱海温泉の旅館

熱海温泉の旅館の魅力は何と言っても海!

海岸沿いの旅館さんだと、相模湾の景色が楽しめます。海岸から街中に入った旅館様ですと、熱海の街並みであったり手入れのされた旅館様の日本庭園を楽しめます。


海が見たいと言うご希望のお客様には、熱海温泉が対応できます。
しかし、石和温泉の対応旅館数は、熱海温泉の倍はあります。選ぶ楽しみがあるのは石和温泉になります。



石和と熱海 宴会料理の特徴

旅館での楽しみの一つが料理。支払う料金の高いウェイトを占めているだけにどんな物が出てくるのか気になります。
石和温泉での料理

石和温泉の旅館の料理は肉率が高い

料理で出てくる率が高いのがほうとう。他、笛吹市では甲州ビーフなどのブランド牛も魅力ある食材になっている。ホロホロ鳥などの肉料理がメインとなる場合が多い。



石和温泉で人気の別注料理

石和名物と言えば、鳥もつ煮。山梨名物のほうとう。旅館内の夜食処でも出しているところも多い。そして、好き嫌いは分かれるが馬刺しも人気。口の中でとろけるあの食感がたまらない。甲州ワインビーフのステーキも人気を集めています。


熱海温泉での宴会料理

熱海温泉の宴会料理は魚が中心

相模湾に面していると言うだけあって、魚料理が人気。それが目当てで熱海に行くお客様も多い。



熱海温泉で人気の別注料理

海の幸が詰まった船盛は見た目の豪華さもあって人気。伊勢えびの刺身や焼いたもの。金目鯛の煮付けなども伊豆に行くと人気の別注料理になります。他には、アワビの残酷焼きなども注文が多いです。



どちらも一般的な旅館さんで出てくる料理と変わりありませんでした。
八寸から始まり、刺身や天ぷらなどの揚げ物、しゃぶしゃぶなどの小鍋、茶碗蒸しなどの揚げ物、などが一通り出て、最後はご飯と味噌汁などの汁物と漬物で締める。と言った料理です。
その中で地元牛であったり地魚などのその土地のものや郷土料理で個性を出しています。


石和と熱海 大浴場を比較

せっかく温泉に聞いているのだからそこは期待したい。熱海と石和のどちらがいいのか?
石和温泉の大浴場

石和温泉は大浴場自慢!

石和温泉の旅館の大浴場は、どこも規模が大きい。いわゆる収容人数は熱海と比較しても多い。広々とした大浴場がお好みなら、石和温泉を勧めさせてもらっています。
そして、露天風呂が大浴場に標準的についているのが石和温泉。月明かりや朝日を浴びながらの入浴はなんとも贅沢である。中には貸切風呂を持っている旅館さんがあるので、ご希望されるお客様はぜひお問い合わせ頂きたい。


熱海温泉の内湯

熱海温泉の旅館の内湯

熱海温泉の大浴場は、こじんまりしたところが多い。そして、ここが残念ポイントなのだが、大浴場に露天風呂が標準装備されていない旅館さんがほとんどでした。
しかし、熱海で露天風呂に入りたいのだと言うお客様にお勧めしているのが、貸切の露天風呂。料金はかかる場合があるけども、やはりせっかく温泉に来たのだから露天風呂には入っておきたい。そして、運がよければコンパニオンさんからお誘いがあのもかも!?



石和温泉と熱海温泉。どっちも好きだから、どっちの肩も持ちたくない。しかし、中立な立場で物は言いたいが、風呂ばかりは石和温泉に軍配を上げたい。熱海温泉の旅館さんの半分が露天風呂を大浴場に併設していない。
貸切風呂も悪くはないのだけども、やはり無料で当たり前に入れる露天風呂がある点では石和温泉が有利ではないだろうか。
風呂の規模も大きく、広々としているのが石和温泉だった。熱海はこじんまりとしていた。そこも残念ではあった。



熱海温泉と石和温泉の客室を比較

熱海温泉と、石和温泉。客室の差はあるのだろうか?
石和温泉の旅館の客室

石和温泉の客室

純和風の客室ばかりの石和温泉。石和温泉の旅館の客室はリニューアルされている宿もありました。
露天風呂がついている客室タイプに対応できるのが、この石和温泉の特長。


熱海温泉の客室

熱海温泉の客室の様子

露天風呂付客室は、平日など空いているなどの諸条件が揃わないとご案内できないのが現状。
どうしてもとご希望されるお客様には、貸切露天風呂で対応させて頂いております。



石和温泉と熱海温泉。どちらも基本は和室タイプのご案内てなりますが、旅館様によっては和洋室タイプでのご用意も可能です。露天風呂がついた客室をご希望されるお客様もいらっしゃいますが、そうなると石和温泉が適えやすくなります。


宴会後のコンパニオンとの過ごし方

旅館での夜は長いです。宴会後もスーパーコンパニオン達と遊んで頂くことが一番楽しく過ごせるのではないのかなと思います。
石和温泉の二次会施設

石和温泉のピンクコンパニオンとの延長について

宴会が終わった後に、カラオケなどで遊びたい場合。石和温泉だと、ラウンジなどの貸切にも対応はしていますが、少人数のお客様などの場合ですと、個室のカラオケボックスが人気です。旅館様によってお手配できる施設が異なりますので、確実にと言う方の場合は、ご予約のお問い合わせ時に必ずお申し付け下さいませ。


熱海温泉の二次会施設

熱海温泉の宴会後の遊び方

熱海温泉の場合、カラオケボックスのご用意が難しいので、どうしても旅館内のラウンジを貸し切ると言う形になります。少人数のお客様でカラオケを楽しまれたいと言う場合は、宴会時でしたら対応が可能になります。どちらにしましても、事前予約を頂いた方が失敗がないので、お問い合わせ時にリクエストして頂けると、一番スムーズに運びます。



どちらも、客室での二次会ができるので、費用を抑えたいのであれば客室をお勧めします。客室にカラオケがあるタイプという手段も条件が整えば可能ですので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さいませ。


交通アクセスについて




​静岡県の熱海温泉。山梨県の石和温泉。行きやすさはどうなのでしょうか?
山梨県地図

石和温泉へのアクセス

東京からの場合電車だと、新宿駅からだと便利がいい。
JR中央本線から乗り継ぎなしで行ける特急があります。
石和温泉駅まで約100分と言う便利さです。

お車の場合ですと、新宿から首都高速4号新宿線に乗っていただいてそのまま中央道に入っていただきます。
一宮御坂で降りて頂いてから約15分で到着です。


静岡県地図

新幹線で約35分熱海温泉

東京からだと、東京駅から行くと簡単です。東京駅発の東海道新幹線で簡単に行けます。
ひかりで約35分、こだまで約50分。

お車の場合、首都高速3号渋谷線から東名高速道路に入って頂いて、厚木から小田原厚木道路に入って頂きます。石橋料金所 で 西湘バイパスを出ます。そこから真鶴道路を進んで頂いて約20分ほどで到着します。



結論から言うと、電車を使う場合新幹線で30分とかからず行ける点は熱海の方が行きやすいと言える。
車だとどうかと言えば、高速を降りてからの所要時間は石和温泉の方が少ない。信号でいちいち止まったり、高速を乗り継ぎするなどの手間が面倒な方には、中央道から降りて15分程度で行ける石和温泉の方が行きやすいと言えます。



石和と熱海の夜遊び案内

宴会が終わってコンパニオンとそのまま遊ぶのもいいけども、男だったら探検に行きたい気持ちもある。石和温泉と熱海温泉、どっちが冒険心をそそるのか!?
石和温泉の夜の街

とても静かな石和温泉

石和温泉の夜の街でお色気部分は期待できません。道に客引きのおばちゃんが立っていたり、旅館の前にタクシーが停まっていたりするけども、どっちもドツボにハマります。それだったら、甲府までタクシーで約20分程度で行けてしまう。同行者と割れば、移動費もそんなに大した金額にはならない。裏春日に遊びに行ってみよう!


熱海温泉の歓楽街

誘惑の多い熱海温泉の歓楽街

熱海は、多少の風俗店があったり、ストリップ劇場があったりする。街には、夜の街の紹介所なるものもあり、初心者ならそこで情報を得ると言う手段も有効。宿泊の申し込み時に、繁華街近くと伝えてもらえると、徒歩圏内の旅館で手配します。離れた旅館でもタクシーで10~10分もあればたどり着ける。



旅館から歩いて遊びに行ける気軽さが熱海にはある。繁華街、歓楽街、ド派手さはないけども、旅の夜を満足させてくれる程度のものはある。
そして、石和温泉での夜遊びは期待できないけども、甲府に行けばそれは煌びやかな世界が待っている。一度行ってみるだけのことはある。




笛吹市と熱海市の観光案内

山梨県と静岡県を代表する温泉地に行った際の観光先を案内いたします。
石和温泉の観光先

山梨県と言えば、フルーツ

果樹園がいたる所にある笛吹市。車で走っているとそこかしこに観光農園がある。その山梨の名産の一つがブドウ。そのブドウで作ったワインを試飲したり工場見学ができるワイナリーが人気の観光地なっている。ワインを手土産にするお客様も多い。


弾けている熱海市

熱海市はとても弾けていた

ロープウェイで行ける熱海城。歴史的建造物ではなく、観光目的で作られたそう。中には足湯やトリックアート、江戸に関する展示物があったのだが、なんと春画も展示されていたり、ロープウェイ終点には秘宝館なるものが存在していた。熱海市、凄すぎる!


熱海と石和 結局どっちがいいのか?

では、熱海温泉と石和温泉のどっちがいいのか!?

一番重要な点はピンクコンパニオンの質。それは間違いない。そこは予約時に希望を言うに限る。そして、自分との相性や好みもあるわけだから、行ってみないとわからない部分もある。コンパニオンが希望通りなら旅館は任せる!!と言うなら別として、ではコンパニオンがほぼ互角だったらの結論はこうだ!!


車で行くなら★★★
色んな旅館から選びたい★★★★★
露天風呂客室★★★
貸切風呂で遊ぶ★★★
大浴場に露天風呂あり★★★★★
客室で夕食★★★
20時30分以降の宴会★★★
コンパニオンのサービス度★★★★★


石和温泉のプラン内容を見る
電車で行くなら★★★★★
オーシャンビュー★★★
魚料理目的なら★★★★
貸切風呂で遊ぶ★★★
大浴場に露天風呂あり
客室で夕食★★
夜遊び★★★★
コンパニオンのサービス度★★★★★


熱海温泉のプラン内容を見る
050-5540-8388
050-5540-8388

お客様評価・口コミ情報

口コミを投稿する
お客様の声をいただきあありがとうございます

おすすめのキーワード

温泉地・都道府県のおすすめのキーワードになります。
各種プランなどを取り揃えておりますので是非ご利用ください。
ピンクコンパニオン旅行 電話:050-5540-8388 受付9:00~23:00(年中無休)
このページの先頭へ